ヤン・ウェンリー 三世のブログ

写真、グルメ、サブカルから政治、スポーツまで

町田リス園の「放し飼い広場」で可愛いリスの写真をたくさん撮りました

町田薬師池の向かいにある小さな動物園ですが、リスって可愛いイメージしかないしずっと行きたいと思ってました。

町田駅からバスで行く場合、薬師池バス停行きはPOPビルの方の乗り場からです。

「放し飼い広場」は外周200mの広場に約200匹のタイワンリスが放し飼いにされています。ひまわりの種を直接リスに与えることができます・・
エサはひまわりの種一袋100円です。

園のご紹介 - 町田リス園 公式サイト

入園すると最初のスペースはモルモットのコーナー。奥に放し飼い広場があります。エサやりをしながらふれあうことができます。大人でも400円。1時間くらいは楽しめますしカメラをもって素早いリスを撮ろうと悪戦苦闘してるうちにあっという間に時間がたってしまいます。うまく撮れたものを何枚か貼っておきます。ほんと可愛いですよね。

カメラはEOS M2と18-55mmレンズです。

f:id:tetsuya0723:20170320151011j:plain

上のシマリスは小屋の中で買われていますが、下は放し飼い広場にいるリスたちです。元気でたくさんいます。

f:id:tetsuya0723:20170320154112j:plain

f:id:tetsuya0723:20170320151228j:plain

f:id:tetsuya0723:20170320151510j:plain

f:id:tetsuya0723:20170320151718j:plain

f:id:tetsuya0723:20170320151252j:plain

f:id:tetsuya0723:20170320153810j:plain

f:id:tetsuya0723:20170320151352j:plain

f:id:tetsuya0723:20170320151645j:plain

f:id:tetsuya0723:20170320154202j:plain

 

持ち歩ける 町田本 (エイムック 3068)

持ち歩ける 町田本 (エイムック 3068)

 

 

プロゲーマーの素顔に追ったWOWOWドキュメンタリー「格闘ゲームに生きる」がとても良かった #wowow

WOWOWに入会したのは最近なのですが、ちょうど再放送を見ることができました。僕はゲーム機を買ったりゲーセンに行ったりすることはないけど、神がかったプレイで多くの人を熱狂させるプロゲーマーの人たちには興味がありました。ウメハラさんは少し前にNHKが番組で取り上げていて本人も出演していたのを見てましたが、伝説の大逆転の一戦での会場の盛り上がり方はすごかったです。この番組でも紹介されていました。

ストリートファイターという格闘ゲームの大会で賞金を懸けてプレイしているプロゲーマーの普段の生活の様子にまで密着しています。彼ら自身、ゲームを仕事にしていていいのだろうかという葛藤を誰かに言われるまでもなく、誰よりも真剣に考えている。でも応援しているファンの熱狂ぶりを見ると、すでにプロゲーマーはファンにとってはアイドルのような存在なんでしょうね。大会賞金だけでなく、スポンサーの支援を得たり自分で大会を主催したりコーチングイベントを実施したりと、プロゲーマーの活動の幅が広がってきていることに安心しました。

ウメハラさんはその道を切り開いた第一人者として、講演や執筆活動でも人気です。同じ日本人のももちさんも大きな大会で優勝して今後の活躍がますます注目されています。さらに盛り上がっていきそうな時期のドキュメンタリーで、数年後にも見直す価値がある番組だなと思いました。

WOWOWメンバーならオンデマンドでいつでも見られます。

WOWOWメンバーズオンデマンド|WOWOWオンライン

 

格闘ゲームに生きる|ドキュメンタリー|WOWOW

f:id:tetsuya0723:20170320202609j:plain

www.wowow.co.jp

 

www.inside-games.jp

 

youtu.be

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

 
1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

 
勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

 
ウメハラコラム 拳の巻 -闘神がキミに授ける対戦格闘ゲーム術-

ウメハラコラム 拳の巻 -闘神がキミに授ける対戦格闘ゲーム術-

 
ウメハラ FIGHTING GAMERS! (1) (角川コミックス・エース 488-1)

ウメハラ FIGHTING GAMERS! (1) (角川コミックス・エース 488-1)

 
ウメハラ To live is to game

ウメハラ To live is to game

 

 

モーリーさんが茂木健一郎のいう国際水準のコメディをYoutubeで見せてくれたけど、何も面白くなかった件。

モーリー・ロバートソンさんは、ニッポン放送「ザ・ボイスそこまで言うか」の東京フォーラムイベントで語り口に惹かれファンになりました。すぐにニコ生の有料チャンネルに登録。放送禁止用語という空気を読む自主規制でがんじがらめのテレビではモーリーさんの魅力はほとんど出ていなくて、モーリーさん自身もそのことについて楽しく話してくれますw

前半は無料枠です。

中島恵×モーリー「なぜ東大は中国人だらけ?」 - 2017/03/17 20:00開始 - ニコニコ生放送

f:id:tetsuya0723:20170318205312j:plain

爆笑問題の太田さんがラジオで触れた回はradikoのタイムフリーでも聞いたし、サンジャポも見てました。僕は茂木健一郎が大嫌いなので、ツイートを見てなかったからこういう騒ぎになっていたのも知らなかったです。

鳩山由紀夫と写真撮ってドヤ顔、菅野完のツイートを一生懸命拡散、政治的な発言は全く僕にとっては受け入れられない気持ち悪いものばかりなので嫌いです。

で、このツイートなんですね。SNLとはSaturday Night LiveというNBCの番組のこと。

 「権力者に批評の目を向けた笑い」を欲しがるのは、シールズのように一緒に安倍政権を叩いてほしいだけだろうと勘繰りたくなります。それと、その道の第一人者でもないのに人の才能や努力の結果をオワコンと評論する資格はないし、何様ですかと言いたくなる。ただSNLのコメディアンなら言葉を選ばずあえてこういうものの言い方をするだろうから、ほんとにアメリカのコメディが好きなんでしょね。

でも、この創作ギャグはすべってる、寒いw

 モーリーさんは言葉だけをとらえて安易に反論をしたりしません。0か1か、右か左かと決めつけることの危うさを指摘していて、僕もはっとさせられました。まずはそのオワコンじゃないお笑い、国際水準のコメディを見てみようよという放送でした。東大&ハーバード大バイリンガルのモーリーさんならでは。Youtubeで見つけてきて同時解説してくれる人は今までいなかったよね。

で、何人か登場するんですが、品がないというかキワモノすぎるというか、全然笑えません。でもテレビの中の観客は大笑いしてる。すごく怖い映像でした。生放送中に大麻に火をつけて吸い始める司会者、生まれつき盲目で黒人なのにお前は白人だと言われて育てられKKKで活動するというコント、トランプ大統領のモノマネを知的障害者としてやる芸人、何が面白いの?これ見て、茂木は笑ってると思うと恐ろしい。

何を見て笑っているのかを知ると、その人の人間性が見えてくるね。