ヤン・ウェンリー 三世のブログ

写真、グルメ、サブカルから政治、スポーツまで

YouTube、ニコ生で「週末カメラマン情報局」を始めました

全部テキストにしていると情報量が多くて大変なので、ニコ生でしゃべって、それを録画編集してYouTubeにアップしてみようと思います。チャンネル登録、コミュニティ登録をぜひよろしくお願いします。。 

youtu.be

 

N響を振るパーヴォ・ヤルヴィを見て来ました

今、新録音が売れる指揮者は数えるほどしかいませんが、パーヴォ・ヤルヴィは間違いなくその中の一人。室内オケでベートーヴェンやブラームスを演奏したものをずっと前から聴いていたので、N響のシェフとなりヨーロッパツアーもやっちゃったのには本当にびっくりしたし嬉しかった。

日本での出演回数もしっかりあって飾りじゃないし真剣ですよね。今回はシューベルトのグレートということで絶対聴きに行きたかったのです。

ブラームス:交響曲第2番、悲劇的序曲&大学祝典序曲(SACD HYBRID)

ブラームス:交響曲第2番、悲劇的序曲&大学祝典序曲(SACD HYBRID)

 

 

去年のほっとコンサートでゴジラやサンダーバード、真田丸を聴いて以来で、定期となると本当に久しぶり。やはり雰囲気がちょっと違いますね。ウィーンへ旅行に行った帰りの機内でこの曲が流れていて、ちょっと寂しい気持ちだったのを癒してくれたからそれ以来大好き。パーヴォの目指したグレートはリズムの軽快さみたいなものだったのでしょうか、楽しい演奏。そしてスケールを見せるところは腕の振りも大きい。

あとからtwitterでもみなさん絶賛してましたが、公式アカウントが紹介していたのがこちらのビッグニュース。

 

 

 さすがパーヴォ、ヨーロッパからもメディアが取材に来てるんですね。そしてこの最高評価です。この演奏会に来れたことはとても幸せなことでした。

N響との契約延長も発表されましたので、世界トップ級マエストロの演奏会にまた行きたいと思います。

「レオノーレ」序曲第3番作品72b

「レオノーレ」序曲第3番作品72b

  • Paavo Jarvi & The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen
  • クラシック
  • provided courtesy of iTunes

 

 

f:id:tetsuya0723:20170701144717j:plain

f:id:tetsuya0723:20170701144833j:plain

f:id:tetsuya0723:20170701144847j:plain

f:id:tetsuya0723:20170701144932j:plain

f:id:tetsuya0723:20170701145020j:plain

のんびり見られる三島開催がオススメ! 小田原→三島は7駅40分 ロマンスカーで「新海誠 展」へ行こう! #新海誠展

11月には待望の東京開催です。会場は国立新美術館ということでかなり注目を集めるはず。きっと大行列ですよね。東京開催にも絶対行きますが行列に並んでるくらいの時間があれば、現在の開催地である静岡県三島まで行けちゃいますよ!

 

新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

f:id:tetsuya0723:20170611083537j:image

 

アニメイトタイムズ公式 on Twitter: "【ニュース】『ほしのこえ』から『君の名は。』まで! 新海誠監督のこれまでがわかる「新海誠展」をレポート https://t.co/n9hpXzsUoP https://t.co/PaTpq5H2sZ"

 

小田原まではロマンスカーで楽々。

f:id:tetsuya0723:20170611083508j:image

 

最初の展示品は、ほしのこえ制作時のPower Mac G4で、最後の展示品は君の名は。制作時のPower Mac G5。長年のマカーとしては最高の構成です。

多くの原画に書き込まれた新開監督の修正指示を見ることができます。初期の作品には「予算の都合で枚数制限が、、、涙」みたいなものとか、「素晴らしいです、ありがとうございます」「〇〇みたいな感じでいかがでしょうか」といった感じで、リーダーシップとスタッフへの信頼、共同作業の喜びがすごく伝わってきて嬉しいのです。

1つ1つ丁寧に見て回って、2時間弱くらい。時間を忘れてました。夢中でした。最後のスペースに監督の描く〇〇というテーマ別のモニターが確か5台だったか設置されていて、1本の線から始まったものが作品になるまでの長い道のりをまとめとして楽しむことができました。 

日曜日の開館直後からお昼近くまでの時間帯でしたが、良い意味でゆったり。同じ展示品を見ているのが自分ともう一人くらいの混み具合だったのでまわりを気にせず引き込まれながら鑑賞できました。もう一度言いますが、東京開催まで待たずに三島へ来ちゃいましょう。

f:id:tetsuya0723:20170611120625j:image

f:id:tetsuya0723:20170611120642j:image

f:id:tetsuya0723:20170611120659j:image

チケットはポストカードの店内プリントアウトがもらえるセブンチケットで!

f:id:tetsuya0723:20170611120746j:image

ランチタイムということで、もう一つの楽しみがお隣の駅の沼津。駅前でバスに乗って海鮮グルメテーマパークとなっている沼津港へ。

このあふれんばかりの刺身定食が2000円というコストパフォーマンスです。三島・新海誠展&沼津港の海鮮グルメ、もう一度言いますがおすすめです!f:id:tetsuya0723:20170613165546j:image

f:id:tetsuya0723:20170613165603j:image