ヤン・ウェンリー 三世のブログ

写真、グルメ、サブカルから政治、スポーツまで

糖質制限ダイエット始める! カロリー表示は無視!肉も脂も食べる!

禁煙には成功したのですが、食後の一服がなくなったことで食事の後もデザートやら、お酒とポテトチップスやら食べ続けるようになってしまい、かなりの体重増。

まずはジムに行く日数を増やしました。すぐに減量とはなりませんが汗を流す機会が増えたのは健康面でメリットはいろいろあると思いますし、ジムが近所なので平日に行くのも苦ではありません。でも、せっかく運動量を増やすことができたので目に見えるダイエット効果を得たいなと。だいたい自分でもこれまでの食生活で思い当たるところはあるんです、炭水化物、糖分が多いんだろうなと。

どんな有名人が言ってようが「あくまで個人の感想です」みたいな話は信じたくないので、自分が納得できる理論を見つけることが重要でした。

オカルトではなく医学的な話の中から自分が信じられるものをみつけましょうね。 

緩やかな糖質制限 ロカボで食べるとやせていく

緩やかな糖質制限 ロカボで食べるとやせていく

 

 

白米中毒

白米中毒

 

 

江部康二の糖質制限革命

江部康二の糖質制限革命

 

  

 

程度の差はありますが、簡単に言っちゃえば、ご飯、パン、麺を食事から抜くということ。これら炭水化物は体の中でブドウ糖になり血管の中を流れるので血糖値が上がる。するとインスリンが出てきて、余分なものが脂肪として取り込まれて太ると。しかも毎回の食事で血糖値ががんがん上がってると脂肪として取り込まれる部分がどんどん強化されて太りやすくなり、太るとまた加速するそうな。イメージとしてですが。

大量のインスリンを出さずに済むような食事内容を考えれば良いということなんですが、これにはこれまでのダイエットで取り上げられてきたカロリーがいくつかという話は全く出てきません。肉、魚などのタンパク質だけ食べたとするとブドウ糖はほとんどないので血糖値は上がらない、したがってインスリンも出ない。

油を食べたから太るのか?いやいや、体の活動で使い切れないほどのブドウ糖の原因を食べているから太るということなんですね。だからカロリーを抑えるということは全く考えません。大盛りご飯はNGですが、ステーキ300gはOK。サラダにノンオイルドレッシングなんて使う必要なくて、美味しく食べられる好きなドレッシングを糖質量だけ気をつけて選べばいいということ。

お手軽な外食を続けていると、ご飯、パン、麺をかなり食べていたことに気づきます。1日3食の糖質をそれぞれ40g程度にするとか、夜だけ主食を抜いておかずだけにするところから始めています。今って、食品には炭水化物とか糖質の量がちゃんと記載されてますしね。

結果にコミットするライザップだって、筋トレと糖質制限の合わせ技だってことがめちゃイケでもはっきりしてます。空腹と戦う必要はないし、味気ない食事になるわけでもないので、食事の中身を入れ替えながら継続していきたいと思います。

毎食自炊できるわけじゃないので、外食でもコンビニ、スーパーで売られているものでも糖質制限ができそうだということを今後このカテゴリーで記事にしていきたいと思います。